0120-06-4440

営業時間:平日10:00〜19:00

引き止めに遭ったらどうしよう・・・

引き止めに遭ったらどうしよう・・・

初めて転職を考えてから転職をするために今の職場には退職願を出さなければいけません。

もちろん引き止めに合うことは当然考えられます。退職願を出してから引き止めにあった時にはいったいどうすればいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。そんな最初の退職をするときに引き留めにあった場合は、引き止めに従って退職をするのを辞めてその会社に留まりますか?

すでに転職先の企業も内定をもらっていたり、次のステップに進むために準備を開始している方はそうはいかないと思います。

まだ今から転職を考えるという人であれば引き止めにあってから退職をしないという選択肢もありますが、すでに転職をすることを決めているような場合は、引き止めに対してうまくお断りをしなければいけません。

退職願いを出す時期を考える必要があります。

会社が忙しくない時期に退職願をだすようにしてください。あとは退職願は退職をする1か月前までには出すようにしてください。退職の引き留めに合わないようにするために相談をしないことが大事です。相談をしてしまうとどうしても引き止めに合いやすくなりますので、できるだけ引き留めに合いにくいようにするには相談しないで退職願を提出することです。引き止めにあってから気持ちが揺らがないようにするには、必ず退職をしてから転職をするんだという強い気持ちを持たなければいけません。

そうすることで、どんな引き止めにあっても辞めることが出来ます。

一番多いのが、「君がいないとプロジェクトが回らないのでやめないでくれ。」と言った必要とされていることを大きく引き止めの理由にしてくれる上司の場合は、気持ちが揺らぐかもしれません。

が、そこで自分の転職をする理由をもう一度考えてみてください。なぜ会社を辞めてから転職をしようと考えたのかを思い出してください。自分のやりたい仕事ができない、給与面で優遇されていないなど転職理由をよく考えたら引き止めに負けることなく退職へと進むことが出来ます。

待遇面で給与を上げるなど良いことを上司からその場で言われたとしても、それが実現する可能性がないということはよくありまして、その場限りの口約束になりかねませんので、冷静になって出来ないことへの約束を鵜呑みにしないことが大切です。

後任が決まるまで退職時期をずらしてほしいといわれることもあるかもしれません。この場合は、そのままずるずると退職できない可能性がありますので、言葉に惑わされないようにしてください。強い意志を持つことが重要で、上司や周りの言葉には惑わされないようにしてください。

ご相談してみませんか?

お問い合わせありがとうございます。

今までのご経験や今後のご希望などを細かくお聞きして、ベストマッチなお仕事が見つかるように、精一杯バックアップしてゆきます。
ご納得いただける職場環境と安心感をモットーにご紹介させていただきますので、紹介エージェントがはじめての方もお気軽にお問い合わせください。

★現在就業中の方もお気軽にご相談ください★
転職をお考え中の方も、派遣が初めての方も大歓迎!ご就業中の方に便利な出張面接も開催しています。

まず、ご希望の職種や働き方などをコーディネーターまでお伝えください。