0120-06-4440

営業時間:平日10:00〜19:00

圧迫面接に備える

圧迫面接に備える

新卒で面接を受けるときに圧迫面接で萎縮するときがあると思いますが、転職をするときにも圧迫面接があります。圧迫面接を受けるときにどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

誰もが悩んでしまうことがあると思います。実際のところそんな圧迫面接を受けた時でも同様しないで堂々と面接に臨むことができるようにするための備えがあれば気にすることはありません。

企業は圧迫面接をする必要があるか

仕事をする上で、いろいろなストレスを感じながら成果を上げなければいけないような環境にいます。そのストレスを感じながらも仕事がこなせるかどうかを考えると圧迫面接をして、どれだけ自分をアピールできるかを見る必要があります。

圧迫面接をしている時というのは、仕事上で何かのトラブル等を起こした時にどのような対処をすることができるかなどを見るのには最適です。咄嗟の時でも十分な判断と対応が出来るかどうかを見るのにも適しています。ただ単に圧迫面接をしているわけではありません。どれだけの対応能力があるかを見るためです。

人間余裕があるときは誰でも対応できますが、急なトラブル等があった時にどれだけ冷静な対応能力を見せてくれるかを見るための面接です。

実際に圧迫面接をうまく乗り切るために

冷静な判断力が問われます。ただ単なるテストをされていると考えればどんな圧迫面接だろうと萎縮することもありません。思っていることを話すことはできます。相手がどんな人であろうと深呼吸をしてから単なるテストと自分に言い聞かせるだけで落ち着きます。

面接時に1つ質問をしてきてから答えると、次から次へと問い詰めるような質問をしてこられると、答えに困ってしまうことがあると思います。そんな時には、なにも答えられないからといって焦ったり黙ったりする必要はありません。

まとめ

わからないことはわからないと答えるだけです。正直に今の気持ちを伝えることは大事です。圧迫面接の時に次から次へと質問攻めにあうこともあると思いますが、その場合は自分の間を持ってから答えるようにしてください。質問には質問で返すくらいの気持ちで答えることも大切です。

ご相談してみませんか?

お問い合わせありがとうございます。

今までのご経験や今後のご希望などを細かくお聞きして、ベストマッチなお仕事が見つかるように、精一杯バックアップしてゆきます。
ご納得いただける職場環境と安心感をモットーにご紹介させていただきますので、紹介エージェントがはじめての方もお気軽にお問い合わせください。

★現在就業中の方もお気軽にご相談ください★
転職をお考え中の方も、派遣が初めての方も大歓迎!ご就業中の方に便利な出張面接も開催しています。

まず、ご希望の職種や働き方などをコーディネーターまでお伝えください。